Plugin Alliance SPL IRONの使い方を勉強してみた

ちょっと変わっててよくわからない

SPL IRONは一時期に話題にも成りまして使ってみたいと思う方も多いと思うんですけど、いかんせんUIが他のコンプと違っていて戸惑うと思います。

実際僕もPIをサブスクライブしてからけっこうメインとして使っているんですけどなんとなくの操作で使ってるんですよね。なので、今回がっつり勉強してみて使いこなしてみようかなと思います。

参考になりそうな動画

Youtubeでいくつか見てみました。

公式からの大雑把なノブの解説など。
具体的な使用例。エンジニアさんがあれこれ試す様子が見れます。

ぱっと見英語の動画が多かったので仕方なく字幕をONにして見ました。2つ目の動画はおすすめでエンジニアさんが「こうにしたいからここをいじる」みたいな内容になっているので一度見てみることをおすすめします。

まずはアタックリリース

マニュアルのおすすめ設定からスタートしてアタックとリリースを決めます。

ざっくり和訳すると

コンプのおすすめ設定
IRONコンプレッサーの演算はインプット信号に強く依存します。通常、以下の設定をスタートポイントが良いでしょう。

和訳ヘタで申し訳ないけどまあこんな感じですね。インプットに影響を強く受けるので、アタックリリースをそれとないポジションにして、味付けがほとんどない状態から始めようねという意図かと。

色々な味付けができると言えど、コンプレッサーなんでいちばん大事なのはアタックとリリースの設定によるかかり具合です。なのでそこをまずは追い込んでいきましょう。
「Rectifier」のノブで使用する回路を変更できて、それによって大きくアタックとリリースが変わるので、大雑把に曲似合いそうな値を持っている回路を探していきます。そのあとアタックとリリースのノブを回していきましょう

1chならここ

どうに突っ込むかを決める

どうに突っ込むか決めていきましょう

Side Chain EQでかかり方に変化をつける

おすすめだとOffになっているこのノブですが、EQカーブを個別に用意して、そこを通してコンプに突っ込むイメージだと思います。

各カーブはこちら。すこし色が見にくいですが。。。例えばPreset1だったら2k付近に大きくカットが入っているのでこのあたりはコンプのかかりが弱くなるようになる、といったかんじですね。

Ratioの代わりにインプット、スレッショルド

The lower the Threshold and the higher the input signal, the stronger the compression.

低いスレッショルドで高いインプットだと強いコンプレッションになります、と書いてありますので、どのくらい潰したいかをこの2つをいじって調整していきます。上記の動画ではHEADROOMのノブを回して調整していましたので、こっちでもいいかもしれません。

Tube Biasをいじってみる

The modulation of the bias is the sum of the Threshold, Rectifier, Side Chain EQ, Attack, and Release parameters.

このバイアスの変化はスレッショルド、Rectifierなどのパラメーターの合計です。(雑和訳)

いろいろ影響を受けてしまうので最後にいじるのが良さそう。
Side Chain EQの下にある銀色のつまみのとこですね。Highになるほど強いコンプレッションになります。

あじつけ

AirbassとTapeRolloffで少し味付けができます。プラグインの真ん中にあるちっちゃい銀色のつまみですね。
AirBassは低域と高域がぐぐっと持ち上がる感じですね。
TapeRolloffはゆる~いローバスみたいな感じで、ハイがうるさいときなんかにOnにすると良さそうです。

まとめ

けっこう長くなってしまいましたが、けっこう色々できるプラグインなのでご容赦!ってかんじですかね。
触れたことない設定をしていくコンプなので一回ガッツリ勉強してみようと思って調べてみました。なにか間違い等あれば教えて下さい;;

Plugin Allianceのサブ式全部入り Mega bundleはPlugin Allianceから出てるサブスクタイプのプラ...
Plugin Alliance製のPurple Audio MC77のレビュー。軽く扱いやすいこのコンプを参考音源を交えつつレビュー