Cubaseでオーケストラの楽譜を作成する方法と感想

楽譜作成の目的と経緯

今回、劇伴のレコーディングで弦、金管、フルートの譜面が必要になり、特に楽譜作成ソフトを持っていない私はCubaseでそのまま楽譜作成を行いました。元々楽譜は手書きが好きだったのですが、量が多いのと時間がまったくない状況だったのでCubaseでの制作を選びました。

この記事ではそこで行った手順と感想をまとめておきたいと思います。

MIDIデータを整理する

まず、打ちこんだMIDIトラックを複製し、譜面用にノートを整理していきます。再生用のトラックを編集してしまわないように譜面用のトラックには色をつけました。

こんなかんじ。水色の部分を譜面用に整理していきます。

そこから各トラック、「ノート長さのクオンタイズ」→「重複したノートの解消(ポリ)」を実行して中途半端な長さのノートと音の重なりを解消していきます。

基本的にはここまでやったらあとは譜面モードで確認しながらMIDIトラックを編集していきます。

情報を追加していく

譜面モードで見ながら奏法や強弱を書き込んでいきます。今回使用したのはスタッカート、テヌート、スラー、アクセント、トレモロ、トリル、mpやffなどの強弱に関するものでした。劇伴のレコーディングでは、奏者のみなさんは頭のクリックをきいてすぐにレコーディングに入っていきます。譜面だけでなるべく自分のイメージに近い演奏をしてもらえるようにかけるものは書いておく必要がありました。また、日本語で「歌うように」などわかりやすく書き込む工夫も必要かなと思いました。

ここまでやったらほぼ完成です。

Cubaseで譜面作成するメリットとデメリット

ざっくりですが、このような手順でパート譜とスコア全体の譜面を作成しました。大体一曲2時間程度でしょうか。けっこう大変だったイメージがあります。

メリット編

・打ち込みを確認しながら楽譜を作れる

打ちこんだものを聞きながら作成するので、どうに弾いてほしいんだっけ?というのを常に確認しながら譜面に落とし込むことができました。

・譜面で見つけたミスをすぐ直せる

譜面にしていった時に見つけた不協和音やフレーズの齟齬をすぐに打ち込みに反映することができるのは同じソフトで編集しているからこそできる点かなと思います。

デメリット編

・ショートカットが埋まっている

もちろん本来は曲を作るためのソフトですので、各ツールや機能にキーボードショートカットが割り当てられています。なので、音を選んで付加したい記号を左のパッドから選んでクリック…という作業がとても多かったです。もし譜面ソフトなら譜面を書くためだけにバインドできるのでそのあたりかなり時間短縮になるのではないでしょうか。ちなみにですが、今回スラーだけはキーボードショートカットを割り当てて作業しました。

・重い

打ち込み用にViennaだったりLASSだったりを多数起動しているので、たまに重いときがあります。そこまで問題ではなかったのですが、若干ストレスだったり、また別の曲の譜面を作るために立ち上げたときなど、プロジェクトが展開されるまでけっこう待つことがありました。複数曲の譜面を作成するときは注意が必要ですね。

・見た目が悪い、編集しづらい

譜面のタイトルや強弱の記号など、音符に直接くっつけないものはどうやら小節にくっついているようです。なので、長休符などを使用して大きくレイアウトが変わる場合それらがまるまるずれてしまうという問題がありました。けっこうこれが厄介で、1ページ目、2ページ目と同じ用な見た目にしたいのになかなかうまく表示できない!ということが多々ありました。というか、タイトルやページ番号などはヘッダー、フッダー扱いでいい感じにできないものかなぁと思いました。(できるのかもしれないけどめちゃくちゃ焦って作ってたので調べてないです。)

このあたりは、同じメーカーからでているDoricoもそうらしく、同じ曲でいくつも譜面が必要になってくる場合手こずるかもしれません。

・ページ全体を見渡しづらい

ページモードで編集することがほとんどだったのですが、ページ全体をパッと表示したり、複数ページ見渡す方法がないのかもしれません。なので、1ページあたりの段数だったり、段落の間隔を変更した時にどのように全体に影響しているのかが分かりづらかったです。

・PDFが不安定

PDFで書き出すわけですが、一部旗が切れていたり、ヘ音記号がバグっていたりして困りました。「現代音楽ですか?」とスタジオミュージシャンの方に言われてしまいました(T_T)すみません・・・。原因が不明すぎて解決できず。。。

結論:Sibelius買います

ほんとに求められるクオリティの譜面を作るのにイライラしたり時間かかったりしてかなり苦労したので、今度こういった複数の譜面を大量に、迅速に作る必要が来るときまでにはSibelius操作できるようにしておこうと思いました笑。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする