Purple Audio MC77レビュー

Plugin Allianceのバンドルで一番使ってるもの

全部入りのサブスク式のバンドルの紹介を以前しましたけど、今回はその中でも特に出番の多いPurple Audio MC77について書きます。前回書いたものはこちら。

Plugin Allianceのサブ式全部入り Mega bundleはPlugin Allianceから出てるサブスクタイプのプラ...
公式のTeaser動画

いわゆる76系ってやつで、レスポンスの早いコンプレッサーです。リバーブやディレイで奥行きなんかを作り込む前に大雑把に楽器の前後感の配置を作り出す目的で使うことが多いです。そのため、ほとんどのトラックに挿すことになってますが、かなり簡単に思い通りの距離感に調整することができるのかなぁと思います。

機能面など

機能面では大まかに言えば他社からも出ている76系コンプとほとんど同じです。「HOLD」を押すと全押しだったり組み合わせたレシオをかけたりというのが可能なのが一つの特徴かもしれません。

あとは、Plugin AllianceのオハコであるMS処理だったり、SC機能がついています。

BFDのスネアに挿した例

基本的にAttackとReleaseでかかり方を決めて、どれくらい音に伸びがほしいかとかを考えながらどれくらい突っ込むか決めます。ここでは音圧とかは考えずに、前後感をとにかく決め込むイメージで設定していきます。

最近作ったデモなんかだとこんな感じでけっこういろんなトラックに挿しています。

なにげに便利だなと思うのが、モノラルとステレオを勝手に判定してくれるところですね。他社のプラグインとかだと、モノラルとステレオが別のプラグイン扱いになっていて、ちゃんと探して挿さないといけないんですけどその手間が省けます。

あと検索ボックスに「77」って入れるだけでいいのもいいです。76じゃないですからね笑

参考音源

スネア

スネアはぱーーーんっていう音作りも含めて少しガッツリめに。かけてみました。これとは別にいろいろ混ぜるんですけど、これをベースに使ってます。前半がバイパスで後半がエフェクトOnのもの

ギター

ギターの左チャンネル。同様に前半がバイパスです。最初はけっこう元気のいい音に聞こえると思うんですけど、すこしだけ奥に引っ込ませるイメージでかけました。

オルガン

オルガンはけっこう奥において、全体のコード感を醸し出す感じに聞かせたかったのでそんな設定に。ギターがパワーコードメインのときなんかはピアノやオルガンをコード感あるアレンジにしつつ奥に配置することが多いです。

セールきたら買っても良い第一候補

というわけで簡単にレビューでした。よくあるコンプの形式なので操作もそこまで難しくないですし、動作も軽くいろいろなトラックに挿せます。セールのときは3000円位になると思うのでぜひぜひ狙ってみてください。