プリアンプ導入のおすすめ

プリアンプで結構変わる

「ストックを探している」ということで昔の曲を漁って楽曲を管理していたのですが、昔の曲のボーカルだったりアコギだったりの音がどこか頼りない音なんですよね。
というのも、当時私の環境ではオーディオインターフェースについているプリアンプを使用してレコーディングしていたのですが、最近はプリアンプを別に用意してレコーディングしているんですよね。違いとしてはそれくらいなのですが、結構2mixまで落とし込んだときに差が出てきます。

「高品質なプリアンプ」を疑ってみる

みなさんが使用しているオーディオインターフェース。メーカーページに行くと「高品質なプリアンプを搭載」という文言が書かれてはないでしょうか?当然、全く使い物にならないほどのものが搭載されていることはないと思いますが、プリアンプ単体での品質にはどうしても劣ってしまう印象です。

実際、自分が今まで使ってきたオーディオインターフェースにも漏れなく「高品質なプリアンプ」という売り文句がついていましたが、やはりプリアンプ単体で用意したほうが音がいいことが多いです。

そこそこいいプリアンプを探してみる

自分が導入したのはBAEのDMPというものです。これがRockOnに中古でわりと安く売られているのをたまたま発見したので購入しました。なかなかアナログ感があっていい感じだと思います。そこまで詳しくないので他のものと比較してのレビューは難しいのですが…。

操作は簡単なんですけど、意外とソースだったり曲調だったりに合わせて気を使って音作りできるのかなぁと思います。

安かろう悪かろうということではないですが、あまり安いものだともしかしたらオーディオインターフェースに乗っかってるものと変わらないんじゃないかという不安からしっかりしたものを買ってみた感じです。

せっかく単体で用意するんですから、そこそこいいのを買ったほうがいいのではというのが個人的な意見です。

created by Rinker
¥138,300 (2019/07/21 18:41:04時点 楽天市場調べ-詳細)

有名ドコロだとFocusriteとかUniversal Audioとかですかね。宅録であればCh数はそこまで必要ないので、小さくても高品質なものを探してみるといいかもしれません。

created by Rinker
¥55,620 (2019/07/21 19:41:26時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥131,760 (2019/07/21 19:41:27時点 楽天市場調べ-詳細)

意外と出番がある

ソフト音源が主流な制作であっても、歌やアコギ、パーカッションなどマイクを使ったレコーディングにはもちろん、ベースのDIとしても使うことができるので、いろいろな場面で利用する機会があるので買ってよかったなと思っています。

ベースはKemperを通した音と、プリアンプを通った音をそれぞれ美味しいとこどりする感じでミックスしてみたり。
歌はすこし持ち上げてとってみたり、逆になるべくそこまで突っ込まずにとってみたり…といろいろな使い方ができるので、レコーディングの幅がすこし出る感じがします。

まとめ

ということで。なにか一つ宅録のレベルをあげたいなと思ったらプリアンプを導入してみてはいかがでしょうか?

なにかアナログライクなプラグインを導入するよりはこういったものが一つあったほうがいい場面が多いと思いますし、上記のように様々な場面で出番があると思うのでぜひぜひ導入してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする