2018年VSTiなど使用機材の変遷

いろいろ試した2018年

あけましておめでとうございます。本当は昨年のうちに書こうと思っていたんですけど、いろいろとあってあけましてからになってしまいました。

去年は新しい機材にあまり手を出さず、わりと手持ちの機材を見直す一年になりました。とくにいろいろ試した分野で簡単にまとめてみようと思います。

ストリングス系

ストリングス周りが一番いろいろと試したところかなと思います。

LASS

昨年メインとして頑張ってくれたLASS。キースイッチをちゃんと組んでからはわりとストレスなく打ち込めるようになりました。Playableな点が良くて、スケッチの段階ではレガートパッチでがしがし打ち込んでいけるのが個人的には一番いいところでしたね。劇伴のモックアップもこれがメインでした。

LASSとは LA Scoring StringsっていうAudioBroから出ているストリングスの音源。Kontaktを使用するものです...

CineStrings

おととしは結構使っていたんですけど、レガートのぎこちなさがネックで昨年はあまり使いませんでした。スタッカートからマルカートあたりの短い音を使ったリフなどの打ち込みはこれが簡単でサクサク行けるので、そういった曲ではわりと出番があったかなと。

8dio Adadio/Aditato

年末にSSDを導入してからわりとメインに使って見ました。音色的にはLASSとCineStringsの中間といった感じでしょうか。パッチが膨大にあるので、使えそうなものをいくつか選んで打ち込む感じでした。もっといろいろな曲を作ってみていくと表現の幅とかはこちらの方が柔軟に表現していけるのかなという感じで可能性を感じています。

Vienna

一方で出番がめっきり減ってしまったのはViennaですね。最近のものに比べると音がシンセ臭いのと、パンが安定しないのが個人的にはネックでしたね。リアリティがそこまでほしくないけどシンセストリングスじゃない、っていう雰囲気がほしい時に使ってました。

金管、木管まわり

Vienna

こちらは逆にいまだにViennaがメインでした。ドライでオンマイクな音が、他のメーカーの音源と混ぜる時にすこし難しいのですが、それでもなんとかやっていけてます。自分の周りでも金管、木管はViennaを使ってる人がわりといるイメージ。

CineBrass/Winds

使ったり使わなかったりのCineBrass/winds。大規模なアプデが知らないうちに行われていて自分は1.1からのアプデでした。木管の伸びとかはすごくいいのかなぁという印象。ビブラートなどもいじれてメイン楽器として使いたいときにはいいのかもしれません。ただ、レガートの設定をうまくしないと少しぎこちないのはCineStringsと同様。

Bravura

オケものでメインだった金管ソフト。3年位使ってると思うんですけど、わりと打ち込みも簡単でいい感じです。低音が「Low Brass」みたいな感じでまとめられてしまっているので、そのあたりがもう少し細分化されていると嬉しいかなという感じ。

Chris Hein Horn

ビッグバンドものは全部これ。テナーサックスがしゃくる音になっているのだけがネック。ただなんとかなってるので現状維持といった感じでした。最近このジャンルの音源見てないのでもしかしたらビッグバンド向けのブラス音源で熱いのが出てるのかも??

シンセ周り

Spireを買ってからあまりいじれてないしシンセ苦手なので、わりと保守的な選択になってしまいました。一応いろいろ使ったのでまとめます。

Omnisphere2

アプデが入ってから強力になったというか今どきな音が入ったので結構使い所がありました。パッドやPluck、FXなんかはとりあえずこれでいくことが多かったです。最近またアプデがあって4レイヤーまで重ねられるようになりましたね。

Spire

おととしセールで買ったわりと新しいシンセ。リードやベースで少し使ってみましたがまだまだお勉強不足。というか「シンセを足そう、えい!」ということが多いので、あまり作り込んでないです。近々研究する予定…。メーカーページにたくさんパッチがあるのでおすすめです。

Massive/Monark

NIのこの2つはちょくちょく使いました。使い慣れていたり、UIが単純だったりするのでサクサクっと足すときに使いました。あとはワブルベースとかですかね。

Nexus

「あの音がほしい!」と明確にイメージある時はNexusで入れました。なんだかんだいい音?というか使える音な気がします。最新のシンセに比べるとすこし劣るような音も入っているのですが、気をつければ大丈夫そう。毎年クリスマスにフリーライブラリが追加されます。

まとめ

と、手持ちの音源をいろいろと掘り返して制作した一年でした。記事に登場していないものもけっこう使ったり、サンプルを切り貼りしたりと、いろいろと試した一年でした。

その結果、新年早々物欲がものすごいです。狙っている音源なんかを今度は記事にまとめてみようかなと思ってます。

ではでは今年一年もまた曲書いていきましょう~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする