2019年に導入した音源やプラグイン

もうすぐBlack Friday

各社からメルマガが来て、「もうすぐセールするぜ~」といったメールが沢山来ています。何がどれくらい安くなるのか楽しみです。

今回は今年自分が導入してみた音源を紹介してみて、今年のBlack Fridayの参考になればなと思います。もちろん紹介したものがセールになるかどうかはまだわかりませんが、きっといつかはまたセールすると思うので参考までに!

1.Forzo

Heavyocityから出ているシネマティック向けの金管音源です。セールで半額くらいで買ってみました。

大編成っぽい感じの音がでて、けっこう迫力のある音だと思います。Viennaなどのニュアンスなどをきれいにとってあるものと比べるとけっこう大味でどーんという表現にはもってこいな感じ。自分は劇伴の制作で何度か使用しました。

注意点としては、レガート演奏になるパッチが無いのと、ソロやDivisiのパッチはないので、ほんとに人数感や迫力が求められるときにしか使えないということでしょうか。

これ単体でもいいですし、なにかニュアンスやアーティキュレーションが充実した音源に重ねるようにも使えると思います。

2.Pulsar Mu

Manlayのコンプをエミュレーションしたコンプです。セールで半額くらいで買ってみました。

とてもGlue感というか、トラックをまとめるのに適したコンプで、いままで使ってきたコンプの中で一番気に入っています。

ドラムをまとめたり、サイドに振ったギターをすこし引っ込ませたり、最終段に噛ませてみたり、といろいろ目的に合わせていろいろな使い方ができるスグレモノ。しかも結構安いです。

なにかステレオコンプほしいと思ったら今一番熱い気がします。

3. Angel Strings

セールで購入。あの光田さんも使用されているとの情報を聞きつけて買ってみました。

けっこう人数感を感じる音で、コシがある感じがします。アンサンブルしかなかったりピッチカートが(たぶん)ないです。打ち込みがすこし特徴的で、ベロシティが音の立ち上がり方、MWで強弱をいじる感じになっています。すこしなれが必要。

サンプルがきれいに整理されているけど、そこまで細かく奏法をいじったりニュアンスを付けられないのでシンセ臭く感じるときもあります。

個人的には重ねるようになるかな~という印象。ゲームや遊技機向けだったらこれ単体でもいいかなと言う感じです。

4.Komplete 12

みんな大好きKomplete。ずっとアプデせずにいましたが今年ついにアプデしてみました。ここの会社はいつも夏に大きなセールをするので、Black Fridayは見逃してもいいかもしれませんが…

Kompleteってそんなにいろいろ使うかな~?という気もしますが、意外とかゆいところに手が届くというか、Kontaktの中探してみたらあった、みたいなことあるので、アプデしておいて損はないかなという感じです。

アプデする前はたしか9だったと思うんですけど、それに比べると、プラグインとかサンプルとかが増えていて、以前より出番は増えそうな印象があります。

目玉のMassiveXはまだ少しUIが微妙な気がします。ウェーブテーブルやフィルターを変えるときに以前は矢印マークで次のものに変更できたのですが、MassiveXは一回一回プルダウンから選ばないといけないので少し音作りが面倒です。ただ、音はMassiveの野暮ったさがとれて今っぽくなっているのかなという印象でした。

 

まとめ

他にもいろいろと細々買っている気もしますが、とりあえずこのあたりでしょうか。

ストリングス周りが微妙な気がしなくもないのでそろそろSpitfireに手を付けようか悩んだり悩まなかったり…。みんな持っていると欲しくなる。でも特別いいかと言われるとそういった話も特に聞かないかも?買ってみないとわからないですね。

最近のメーカーの技術の進歩が凄まじく、また新参メーカーもたくさんあってどの音源がいいか悩んでしまいます。

今年のBlack Fridayはどうなることやら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする