スタンドアローンVerのSonarworks Reference4のプチプチノイズ対策

ミックス・マスタリング
スポンサーリンク

なんとなくアプデしてみたら・・・

DAWのプレイバックだったりPCから出る音だったりを理想的な(フラットな)なりに校正してくれるアプリケーション、「Sonarworks Reference4」。購入以来ずっと愛用しているんですが、PCの中身をいろいろと整理しているときにふと「そういえばずっとアプデしてないな」ってなったんですよね。
んでその場のノリでアプデしてみたらなんかプツプツ言うようになってしまいました。

環境としては

  • Win10
  • スタンドアローン版のみで発生
  • 最新Verへアプデ

といった感じでした。普段TDもSonarworksを通して行っているので、書き出したファイルの確認もこれを通して行いたいのですが、ノイズの発生の判別ができない、というかそもそも不快なのでどうにか解決してみようと試みました。

4.3.5で落ち着いた

んで、結果としてはVerの古いものから順に試していって、ノイズが発生しないなかで最新のものにする、という方法で解決しました。あまりに古いとヘッドフォンとスピーカーの切り替えが無かったり、UIが大きく変わっていたりしたので順繰りに試していってここに落ち着きました。

DLはこちらから

調べてみたところ、Win環境でもMac環境でもこの現象が起きているらしく、解決されていないようでした。こちらの最新版にあたるSoundIDがリリースされてしまったこともあり、おそらくSonarworks Reference4のほうはこのまま放置になってしまう可能性が高いのではないでしょうか。

まとめ

というわけでプツプツノイズの解決方法の紹介でした。単純にダウングレードすればよい、という話ではありますがなんとも言えない感覚になりますね。

SoundIDのほうは出音をより自分好みに設定できるようですが、「フラットにして欲しい」という意図で導入したのにまた自分好みに設定するのか?という部分がいまいち腑に落ちずアプデしていません。というわけでしばらく4.3.5のSonarworks Reference4を使っていこうかなと思っています。

以前書いた記事はこちらから

タイトルとURLをコピーしました