エフェクトプラグインでおすすめのSoundToysがセール中

スポンサーリンク

みんな使ってるSoundToys

有名なプラグインは数多くありますが、いろいろなエンジニアさんや作家さんたちの殆どが使っているもののプラグインにSoundToysのプラグインがあります。

品質も高く、ユニークな機能も多くありテッパンの使い方からすこし飛び道具的な使い方までできるプラグインが多い印象です。

そんなSoundToysですが、ぼくもいくつか愛用しているものがあるので紹介しようと思います。

1.Decapitator

歪みのプラグイン。5種類の歪みのタイプから選んで突っ込むだけという簡単な使い方。音の重心を調整するようなイメージで「Tone」のつまみをいじるといい感じになることが多いです。Voやスネアなど目立たせたいものに使うことが多いです。

2.EchoBoy

ディレイのプラグイン。右下のStyleというところからディレイのタイプを選び、フィルターやサチュレーションで音作りができるというもの。

はじめてコレを使ったときは「ディレイでこんなに変わるんだな」と思ったほどで、Voやリードギター、シンセなどすこし左右に広げたいときや余韻を調整したいときにほぼ確実に使っています。HPの説明文には一応「VocalEcho」と書いてありますね。

3.EchoBoyJr.

こちらもディレイ。上述のEchoBoyの廉価版のようなイメージでしたが、クオリティとしては決してそんなこともなくよく使っています。

選択肢が絞られている分、こちらのほうがサクッと音作りできるというのもメリットですし、ギターなんかはこっちのほうがなんとなく相性がいいと感じることも多いです。

まとめ

以上、ぼくがよく使うSoundToysのプラグインでした。ほかにもフィルター系とかあるんですけど、やっぱり有名なこのあたりを使うことがとても多いですね。

全部入りのバンドルやディレイなどにまとを絞ったバンドルなどいくつか用意されているのでブラックフライデーのこの時期に一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

SoundToysのHPはこちら

タイトルとURLをコピーしました